Mapleとは

Mapleとは

 Mapleとは、PHPで組まれたWebアプリケーションフレームワークです。

1. フレームワークとは

 PHPはもともとWebアプリケーションを組むことを前提に作成されているので、標準の関数やPEARのライブラリ等を組み合わせていけば単純なものであれば短期間に組み上げることができます。

 この作り方でいくつものサイトを作っていると、いつもいつも同じようなことをしていることに気がつくはずです。ただし「同じ」ではなく、「同じような」ことをすることになるのです。

 「同じような」ことを「同じ」部分と「違う」部分にわけて「同じ」部分をまとめてしまおうというのがフレームワークです。

 PEAR等のライブラリとの違いは、「呼ぶ側を作るか」「呼ばれる側を作るか」になります。

 ライブラリを使ったプログラムというのは、なにか特殊なことを行ってくれるライブラリを「呼ぶ」メイン部分をつくることになります。

 フレームワークを使ったプログラムは、メインの部分はフレームワークが行い、「違う」ところを処理する部分だけを作ることになります。プログラマーが作るのは「呼ばれる」部分になるわけです。

2. Mapleを使うと、どうなるか

 Mapleを使うと、以下のようなものから解放されます。

  • リクエストパラメータを1つ1つ「全角→半角」変換するようなコードを書く必要はありません。設定ファイルに「どのパラメータ」に「どんな変換をする」かを書けばいいだけです。
  • リクエストパラメータを受け取り、たくさんのif文で入力チェックを行うコードを書く必要はありません。入力チェックの条件を設定ファイルに書けばいいだけです。
  • 最近では当たり前になってきたテンプレートエンジンを使用するのもコード内でテンプレートエンジンの初期化や変数の割り当ては必要ありません。テンプレートファイルの指定は設定ファイルに書けばいいだけです。

 このような部分を簡単にできるようになると、本来やるべき業務の複雑な問題をどのように解決すればいいか?といったことに集中できるようになるはずです。

3. Mapleが目指すもの

 Mapleは、PHPの持つ単純さを保ちつつ、複雑で規模の大きなものにも取り組んでいくお手伝いができればいいなと思っています。